本文へスキップ


学校長あいさつ

 

さいたま市立土合小学校

校長 井上 均

 

私は、伝統ある本校の第36代目の校長に着任し3年目を迎えます。伝統を重んじつつ、さらに、新しい伝統を子供達と一緒に築いていきたいと思っています。

今年度は、全校児童855名、28学級<6(特別支援学級)2学級を含む>で、かがやき教室(発達障害・情緒障害通級指導教室)も設置しています。

本校は、明治6年に前身の西堀学校が設立され、明治25(1892)72日に土合尋常小学校として開校いたしました。それから、長い歴史と輝かしい伝統を築きつつ、今年度で創立125周年を迎えます。そこで、今年は、航空写真の撮影やプロを招いての音楽鑑賞会などを計画しております。

2年後の2019年には、新指導要領により新しい教育課程が実施されます。さいたま市は、グローバル・スタディ科や道徳科など、1,2年先がけて実施するものもあります。本校は、これからの新たな動きに対し、積極的に取り組んでいきたいと思います。

また、3年後の2020年には、東京オリンピックが開催されます。様々な形で東京オリンピックに関わり、支えていく人たちが本校の児童や卒業生、保護者からたくさん出てくると思います。様々な場所で活躍する人材を輩出する地元の小学校として、地域の皆様に愛される小学校をめざし、日々活動していきたいと思います。

これからも、保護者や地域の皆さんの期待に応えられるよう、土合っ子のかがやく笑顔のために全力を尽くします。